歯周病予防の新メソッド

お口のお悩みといえば皆さんは何を思い浮かべるでしょうか?

 

虫歯はもちろんのこと、最近では歯周病の恐ろしさも認識されつつあります。
しかし、虫歯と歯周病の違いについてどれほどの人が正しく認識しているでしょう。

 

虫歯とは、歯の表面を構成するエナメル質が虫歯菌の影響で溶け出すことが発端です。
糖分を中心とした食品が私たちの口に入ることで、
口腔内に存在する虫歯金が酸を生み出します。
この酸が歯の表面を溶かしてしまうため、歯に穴が空くのです。

 

虫歯が進行すると歯に痛みが生じます。
歯磨きを毎日している方であれば、歯磨きの最中に違和感を覚えるため、
比較的気づきやすい症状といえるでしょう。

 

一方、歯周病は歯茎から進行します。
歯茎が不健康だと、その上に立っている歯を支えられなくなり
最悪の場合健康な歯を抜く破目に陥るのです。

 

風雨によって家屋が壊れる様子を虫歯に例えるなら、
歯周病はシロアリによって基礎が壊される様子に酷似しています。
すなわち、歯周病は私たちが気づかない間に歯茎が破壊してしまうのです。

 

歯周病に関する治療方法はいくつか存在しますが、
最も大切なのは予防手段を講じることです。

 

歯周病の原因となる細菌は、歯磨きだけでは除去しにくい場所に溜まる傾向にあるため、
歯磨きを充分に行っているはずなのに歯周病に悩まされているという方も少なくないのです。

 

近年では、パーフェクトペリオという新たな歯周病予防の方法が生まれています。
 
これを上手に用いることで、歯茎を歯周病から守ることが可能なのです。

 

そこで今回は、パーフェクトペリオが歯周病に効くメカニズムについて詳しく見ていきましょう。

歯周病は成長する

パーフェクトペリオとは、特殊な溶液で口をゆすぎ
歯周病の原因を根本から立つことを目的にした歯周病対策です。
 

 

歯磨きだけでは難しい歯周病への対策として重宝されている理由を知るには、
まず歯周病の進行段階について理解する必要があります。

 

歯周病を引き起こす最大の原因は、プラークと呼ばれる細菌の塊です。
私たちの口腔内には、常時無数の細菌が生息しています。

 

このうちのほとんどは、特に悪影響を及ぼすことの無い常在菌と呼ばれる種類のものです。
しかし、常在菌の中には口腔内の衛生環境が悪化することで結びつきを強め、
共同体を形成するものがあります。

 

このような状態になった細菌が、プラーク、もしくはバイオフィルムという
手ごわい細菌軍へと変貌するのです。

 

プラークは水に溶けにくく、薬剤に対する抵抗力も持ち合わせています。
水で口をゆすいだだけでは歯周病を予防出来ないといわれるのはそのためです。

 

プラークは、食べ物のカスを燃料としてエネルギーを生み出します。
それと同時に歯の表面にくっつきやすくなるための物質も生み出すため、
歯磨きをしないと歯にプラークがこびりついてしまうのです。

 

プラークが歯の表面だけに生息するのであれば、
ブラッシングの強化だけで対応することが可能です。

 

プラークが厄介なのは、歯周ポケットという場所を住処にしている点です。

 

私たちの身体は免疫反応によってプラークを除去しようとします。
その際には歯肉と歯の間に炎症が発生し、小さな隙間が形成するのです。
この隙間が通称歯周ポケットといわれるスポットになります。

 

歯周ポケットは歯ブラシが届きにくいため、
パーフェクトペリオのような液体による対処が必要になってくるのです。

更新履歴


このページの先頭へ戻る