歯列矯正中のケア

歯並びの改善を目指して、歯列矯正に臨む方が増えています。
子供だけでなく大人になってからも歯列矯正をするのは、綺麗な歯並びには様々なメリットがあるからです。
口腔衛生の改善や見た目の美しさなど、歯の健康と審美性を手にするために
歯列矯正に臨んでいる人が苦労されているのは、矯正中のお口ケアです。
歯列矯正にはマウスピースを用いる方法もありますが、
ワイヤーで歯を押さえつけるブラケットに比べると矯正力は小さく、矯正にかかる時間も長くなってしまいます。
最近では審美性に優れたブラケットも登場しているので、仕事をされている社会人でもブラケットによる矯正の効果を実感出来ます。

 

歯列矯正をお考えならマークスタワーデンタルクリニックへhttp://www.cosmedental.net/

 

ただし、ブラケットを装着している部位は、歯ブラシを当てても汚れを落としにくいのが難点です。
ブラケットは患者自身が外すことが出来ないので、ブラケットと歯の隙間や境目には細菌や食べカスが詰まりやすいのです。
その結果どのようなことが起こるかというと、虫歯や歯周病といったお口トラブルを招いてしまうのです。
実際のところ、歯列矯正中に虫歯を発症したせいで、一時的に矯正を中断するケースも見受けられます。
そんなときに役立つのがパーフェクトペリオです。

 

パーフェクトペリオのメリットは、歯ブラシが届きにくいところで蔓延る細菌にも、殺菌効果が期待出来るという点です。
洗浄液ですから、お口の中に浸透させることで、ブラシではケアするのが困難な場所にも届かせることが可能なのです。
次亜塩素酸という人体への害が少ないとされている成分が主となっていますから、矯正治療中でも安心してご利用いただけます。

関連ページ

歯石が歯周病の温床
歯石が歯周病の温床
歯槽膿漏になる前に
歯槽膿漏になる前に
歯周病のセルフチェック
歯周病のセルフチェック

このページの先頭へ戻る