歯石が歯周病の温床

皆さんは、歯科医院で歯石を除去してもらったことがありますか?

 

実は、歯周病の進行に歯石が大きく関係していたのです。

 

歯石とは、プラークが唾液や食べカスをもとに構成する石灰成分を含んだ物質です。
歯石そのものは悪影響を及ぼすことはありませんが、
その表面はザラザラとしているため、プラークが付着しやすい環境となっています。

 

歯石の粘着力は非常に強く、歯磨きだけでは取り除くことが出来ません。
ここにプラークが溜まると、歯周病が進行しやすい口腔環境に変わっていくのです。

 

歯科検診を受けるように口酸っぱくいわれるのは、
歯石を早期に発見することも目的の1つになります。

 

歯石を放置すればするほど、歯周ポケットは拡大していきます。
歯周病の進行度は歯周ポケットの深さに比例しているのです。

 

プラークは、歯周ポケットに侵入することで性質を変化させます。
歯茎に炎症を起こすだけではなく、
歯を支える骨の一部である歯槽骨まで破壊してしまうのです。

 

ここまで進行してしまった場合には、
歯茎の一部を切開する手術をするほかありません。

 

年齢を重ねた方ほど歯周病の進行が激しいため、
近年まで歯周病は老化が原因だと思われていました。

 

最近では歯周ポケットやプラークの性質が判明してきたため、
パーフェクトペリオのような対策が誕生したのです。

 

パーフェクトペリオは歯周病の原因であるプラークを破壊する力を持っています。

 

歯の表面を削る、抜歯や手術をするといった形の治療とは一線を画した、
患者に負担の少ない歯周病対策なのです。

 

http://www.niimura.or.jp/


このページの先頭へ戻る