歯槽膿漏になる前に

歯茎は歯を支える大切な部位であることを皆さんも実感していると思います。
歯茎から血が出る、歯茎が痛いといった場合は歯にも何かしらの異常が出ていることがほとんどです。
歯茎の疾患としてよく知られているのが歯周病です。
歯周病とは歯周病菌が口内で勢力を拡大し、歯周ポケットという歯と歯茎の隙間に収まるところから始まります。
歯ブラシも届きにくい歯周ポケットで成長を続けた歯周病菌は、歯茎を炎症させます。
健康な歯茎はピンク色ですが、炎症した歯茎は赤く腫れ上がるのです。
この状態が歯肉炎、歯周病の第一段階でもあるのです。

 

歯周病菌がさらに発達すると、口臭や歯茎からの出血が目立つようになります。
歯周病菌は歯周ポケットを徐々に広げるので、歯茎が以前よりも短く見えてしまうこともあるのです。
歯肉炎からさらに進行したこの状態を歯周炎と呼んでおり、早期の治療が望まれる段階といえます。
後期の歯周病といわれているのが、歯槽膿漏と呼ばれる状態です。
こちらは歯周病菌によって歯茎が膿を持ち、歯茎や歯に圧力がかからない状態でも出血することがあります。
放置しておくと歯が抜け落ちる可能性も否定出来ません。

 

ここまで来たら、歯科医院で外科的な手術によって対処しなくてはいけないのです。
そうならないためにも、日頃からパーフェクトペリオや歯磨きでお口のケアをしていきたいところです。
パーフェクトペリオには歯周病菌の働きを阻害する力があるので、毎日お口をゆすいで歯周病を予防しましょう。
歯科医院やインターネット販売で購入出来るので、気になった方はチェックしてみてください。

 

歯科医院をお探しの人へ池田歯科クリニックは丁寧な説明で人気


このページの先頭へ戻る