歯周病のセルフチェック

歯周病は痛みを伴わない細菌感染症です。

 

痛みというセンサーが感知出来ないため、
知らない間に進行してしまうケースが非常に多く見受けられます。
 
歯科医院で検診を受けることが第一ですが、
歯茎の状態をチェックすることで
歯周病がおおよそどれくらい進行しているか確認することも可能です。

 

健康な歯茎は引き締まっており、淡いピンク色をしています。

 

歯周病の初期段階は歯肉炎と呼ばれ、歯茎に赤みが見えるようになります。
歯磨きをしている最中に血が出るようなら、注意が必要です。

 

もう1段階進行した歯周病では歯茎の弾力が失われ、腫れも見受けられます。
この段階においては歯周ポケットも相当な深さになっているため、
歯石の発生やプラークの活動も活発化します。

 

こういった状態ならば、早急に歯科医院を訪れましょう。

 

歯肉の除去やパーフェクトペリオで対処すれば、歯茎の再生も間に合います。

 

歯茎が赤紫に変化した歯周病を、歯周炎といいます。
歯のぐらつきも顕著になり、歯茎全体が下がって見えるのです。
冷たい飲み物がしみる、硬いものが食べにくいなど日常生活にも悪影響が現れます。

 

歯茎が紫に変色し、弾力が完全に失われたら手術は必須になります。
ものを噛んだだけで痛みが生じるため、抜歯や歯茎の切開で対応するしかないのです。

 

パーフェクトペリオは、細菌そのものを除去するので
軽い段階の歯周病であれば比較的早く効果が現れます。

 

副作用の心配も無いため、妊娠中の方や高齢者でも
安心してお使いいただけるのです。


このページの先頭へ戻る